まずは普通の洗顔と化粧水から始める、男性のスキンケア

私の夫は結婚するまで、スキンケアを一切行っていませんでした。
肌は月面のクレーターのようにぼこぼこしており、どんな化粧水を使っているのか尋ねたところ、特に何も使っておらず、スキンケアを一切していないことが判明しました。
よくよく聞いてみれば、朝も夜も水での洗顔のみ。
髭を剃った後も特に何もしないのが当たり前、これはなるべくして月面肌になったという状況でした。
この月面肌の改善法について調べてみると、保湿とビタミンCの補給が大事だそうなので、ハイチオールCと化粧水、洗顔料を買い与えました。
今まで一切のケアを行っておらず面倒くさがる彼の為に、洗顔料はメンズビオレの泡ででてくるタイプのものにし、化粧水は私の高保湿タイプのものを以前使わせたところ、べたべたして気持ちが悪いというので、肌水のさっぱりタイプにしました。
最初こそ面倒くさいと文句を言っていましたが、何日か経つと習慣づいてきたようで文句を言わずに自主的に化粧水をぱしゃぱしゃするようになりました。
しばらくは特に目立った変化はありませんでしたが、まず一番すぐに変化が出たのは髭剃りの時のカミソリ負けがなくなったことです。
今まではカミソリ負けの所が、小さなかさぶたのようになり痒いらしく、無意識にひっかいてしまいそこがさらに荒れてしまうという悪循環を起こしていたのですが、カミソリ負けが少なくなったことで目に見えて顎周りの肌状況が改善されました。
そのお陰で、髭の剃り残しも少なくなり、見た目もすっきりで嬉しいです。
また、洗顔料での洗顔を毎日行うようになったことで不必要な皮脂がきちんと除去され、定期的に出ていたニキビも少なくなってきました。

そして一番の変化は彼の気持ちです。
今までは肌の状況など一切気にしていなかったのですが、きちんと洗顔・保湿を始めるようになってからは「吹き出物が出来ちゃたなあ」と自分から気にして相談してくるようになりました。
まだまだ月面肌のぼこぼこは目に見えて改善はされていませんが、彼に声掛けしながら美肌を目指して頑張ろうと思います。

主人のスキンケア事情

私自身今までスキンケアにあまり興味がなく、化粧水・乳液・日焼け止めはもちろん使う事がありませんでした。極潤など市販のうるおいのある化粧水は苦手で、肌水の様なさっぱりとした物しか好みませんでした。
主人と同棲を始めた頃驚いたのは、スキンケア商品を自宅で毎日使っている事でした。化粧水や乳液は市販の物ですが、お風呂上りに必ず使っている事にビックリしました。理由を聞くと、カミソリで肌が痛めつけられるのでスキンケア商品を使わないと肌がボロボロになるとの事でした。最初は女性物のスキンケア商品を使っている事に少し気持ち悪さもありましたが、理由を聞いて納得しました。
主人も現在まで化粧水を使わず吹き出物が増えていった所、上司から乳液まで付けた方がいいと教えてもらったそうです。私の知っている主人は吹き出物はなく肌はそれなりにキレイですが、よく見ると以前まで肌を痛めていた形跡の吹き出物の後が少し残っています。30代過ぎてから化粧水などを利用しているとの事でしたが、それまでの肌を痛めていた実績は簡単に消す事が出来ない事を知りました。おかげで私もスキンケアに興味を持ち、お風呂上りは必ず化粧水をつける様になりました。私も30歳になるので今更かもしれませんが、これは主人のおかげです。最近では男性用のスキンケア商品も増えていますが、主人と併用して使用しています。カミソリに代わる何かいいヒゲ剃りがあればといいねと主人と話していますが、やはりキレイに剃れるのはカミソリとの事でした。カミソリはアロエの付いた肌にダメージが少ない物を使用しているとの事でしたが、それでも少しは肌が痛むようです。化粧水をつけなくてもいいくらいのもっと良い商品が開発されるのであれば、少し高くても購入したいと思います。
先日テレビで見たのですが、芸能人の岡村隆志さんもスキンケアに気を遣っているそうです。スキンケア商品を全く使う事のないという出川哲郎さんと言い合いになっていましたが、何気なしに見ている男性芸人でさえ気を遣っている事に驚きました。やはりさわやかでキレイな肌の方が見る方も気持ちがいいですね。
今後も主人と共に肌を大切にし、新たないい商品があれば使っていきたいです。

汗っかきなのに乾燥肌

私の主人の体験談です。主人とは結婚して4年目になりますが、結婚当初冬場になると全身痒がって夜に目を覚ましてまで全身をかきむしる状態でした。その時の主人の生活スタイルは睡眠はよくとれてはいるもののスキンケアには関心がなく、食べ物に関しても好き嫌いが多く特にお肉料理を好んで食していました。その割には野菜はほとんど食べず、油っこいものばかりを食べる生活でした。病院に行っても乾燥肌との診断のみで病院の先生も「そこまで肌は荒れてないけどそんなに痒いの?ちょっと検討がつかないわ」と言われました。その時の主人の肌の状態は、顔は汗をよくかくからかしっとりとしていて男の人特有の健康的なテカテカといった感じでした。背中などは痒がっているのが嘘のようにツルツルで少し赤みがある程度。腕から手は乾乾燥が酷く手に関してはあかぎれでひび割れていました。
病院でも匙を投げられたとなればもう、家庭で頑張るしかないと思い、まずは野菜を少量からかつ油をオリーブオイルに変えました。その段階で毎日体をかきむしっていた主人が、週に数日程度までかきむしる回数が減りました。これは食生活が大きいかもしれないと確信しました。しかし、私だけがそのことを意識して頑張っても意味がないので、主人に協力してもらうためにもまずは、「野菜を食べ始めてこれだけ改善したんだよ」ということを理解してもらい、協力をあおぎました。また、今までお風呂で体を洗う時にナイロンタオルを使っていたのですが、それもやめて肌に優しい素材に変えました。
さらに、男の人だから安いボディソープでも良いと思い、主人の物だけ安いボディソープにしていたのですが、男の人でも女の人でも関係ないと感じ、私と同じ敏感肌用の石鹸にかえました。しかし、しっかりと洗いたい時は牛乳石鹸の青箱を使っています。洗浄力が強い割には敏感肌の私でも大丈夫でしたので良いかと思います。
これらを試してからは主人が体をかくことは無くなり、症状も食事内容を変更してから一ヶ月もたたないうちに改善しました。あれから1度も症状は出ていません。手のあかぎれもニベアのハンドクリームで乗り切れるほどになっています。相変わらず化粧水などは使用していませんが以前より全体的に肌ツヤが良くなり体臭も減りました。いろいろな商品を試してみて効果がなかった方は試してみてください。